その他

「タチウオ→桃→肉」


皆さんこんにちは。
先週は一日お休みを頂き釣り仲間「俺の騎馬戦」の仲間と豪華「タコ・タチウオリレー船」に行って来ましたよ。

久しぶりにお仲間と釣りができるのでメチャクチャ楽しみにしていた僕は、5日前には準備万端です!
↓ タコ用一本とタチウオ用二本

↓ 釣り具 バッグに入れたら重すぎて持ち上がらず、この後減らすことに・・・

↓ 6:00 出船です。 最初は大好きなタコ釣り🐙

10分で近場のタコ釣りポイントに到着し、釣り開始。

早々に🐙ゲットです。(笑)

海面でのバラシも多いのですが、3杯のタコを釣る事が出来ました。

この後、観音崎のタチウオポイントに移動です。

150gのジグで釣り始めますが、あまり活性が高くなく周りでポツポツ釣れる程度です。

しばらくすると巻きで僕にも釣れ、取りあえず一安心。

でーー!

ここからです。

オレキバのメンバーはとにかく釣りが好きで、釣りが上手な方がほとんどなので釣れない状況でもアジャストして釣っていかれるのですが、

僕には釣れない・・・

しばらくすると周りではボコボコドラゴンサイズのタチウオが釣られているのですが、

僕には釣れない・・・

ジグを変えたり、誘い方を変えたり、色々試しますが1時間たち、2時間たっても釣れない時間が続きます。

頭の中は何で?何で?何で??

もうね、泣きそうでしたよ。いい年して。。。

泣いていたかもしれません。 自分のふがいなさに。

でー、2時間半くらい釣れない時間が経ったころ、下から4mくらいのところで前触れなく急に「ドン!!!」とヒットしロッドが海面に突き刺さりました!

重さからしてなかなか良いサイズ。

バラさないように慎重に慎重に巻き上げ、無事に釣り上げられました。

良かった!(^-^)

仲間とワイワイ賑やかに釣りをしているので楽しいのですが、やっぱり一人釣れないと精神的に良くないですよね。よかったよかった。

結局タチウオは4匹で終了。

でもなぜか僕のクーラーには9匹のタチウオが。

仲間が分けてくれました。(^^♪

帰りがけに頂いたタチウオ(笑)をもって「食べてみたい!」と言っていた中学の同級生のところに。

お返しにと高級な桃を頂きました。🍑

この桃🍑が普段食べている桃と全く違って甘くてジューシーで美味しかったー。子供はタチウオより断然桃の方がイイ!と言っていました・・・

でーー、一昨日仕事していたら急に同級生の猪瀬君とアッコちゃんが訪ねてきて、

「タチウオがフワフワであまりに美味しかったので、石原くんに何か御馳走したい!」と、、、

ご馳走になりましたよ! 普段家族とは行きたいけど行けない美味しいお肉!!

タチウオの威力凄まじいですね。
ちなみに僕が釣ったタチウオではない事はナイショです。。。

↓ 乾杯はマスクを取って






猪瀬君は地元都筑周辺ではとても美味しいと評判のステーキ・タコスのお店「エルドラド」の経営者兼、調理責任者なのです。北山田駅から徒歩8分ぐらい。

週末は人気で予約必須ですが、「今日は肉食べたい!🥩」と言う日が年に数回はあると思いますので、よろしければ是非ご利用ください。

僕のお勧めは、エルドラドステーキ(サーロイン 揚げニンニクのせ)のハーフ(225g)ミディアムレアで。

世界中のビールと美味しいタコスもお勧めです。

タコ🐙も大好きで食べてみたい!と言っていたので今度タコが釣れたらまた差し上げたいと思います。(笑)

ご覧になって頂き、ありがとうございました。

こども

「18歳の誕生日」

先日は子供の誕生日で食事に行ってきましたよ。

「肉が食べたい!」

と、いかにも18歳の高校生らしい答えが返ってきたので、ステーキにしようと思ったのですが、お目当てのステーキ屋さんは生憎定休日。

近くの焼肉屋さんに行ってみました。

うちの家族はとにかく『ハラミ』が好きなので、注文したお肉はハラミとタンのみ。

後は冷麺とご飯、サンチュと僕はビール🍺

高3なのでもう受験生ですね。
コロナの影響で3ヶ月休校が続き、部活は大会を行えないまま引退になり、授業が遅れているので夏休みも短くなった上、来年からはセンター試験に変わり大学入学共通テストが始まる、など、中々に大変な学年ですが、以前から何かあっても割と冷静に受け止められるタイプなので動揺したり焦ったりして自滅はしない性格のようです。

僕は大学の4年間は楽しかった思い出しかなく、もう一度大学生になってみたい!と思ったりするのですが、

子供も学びたい事、やりたいことをしっかり決めて、人生の中で一番の自由時間を実りのあるものにして欲しいと思います。

まぁ、その前に大学に受からないと何も始まりませんが・・・

しっかり勉強してね。。。

ご覧になって頂きありがとうございました。

 

釣り・海

「シーズン2回目 東京湾タコ釣り」


皆さんこんにちは。 梅雨に入り不快指数が高い日が多く、食欲も落ち、元気が出ない日もあると思いますが、そんな時は大好きなことをして大好きなものを食べ、元気モリモリになる!に限りますね。

そんな訳?で前回釣ったタコさんがあまりに美味しく、食べまくっていたため冷凍庫にストックが無くなって来たので今週もタコ釣りです。

今回はタチウオ釣りでいつもお世話になっている渡辺釣船店さんから。
5:15船宿に到着。 タコ釣り船の中では3番目だったので空いていた左舷大艫に入ります。


7:00 16名のタコ釣り師を乗せ出船です。本日の目標は「とにかく大きなタコが釣りたい!」🐙

20分走り、川崎のポイントに到着。開始早々タコがヒットしますが小さい放流サイズ。
ポイントを転々し釣っていると、反対側からひときわ大きい歓声が。どうやら2キロクラスが上がったようです。

羨ましい・・・

僕にも釣れてきますが300g前後の小さいサイズばかりです。雨も降ってきて寒くなりレインウエアを着こみます。

ここで千葉側に移動。

浅場のポイントを流していると、重量感のあるいい感触が。大きく合わせを入れ「これは大きいかもしれないな!」と巻き上げてくると、小さいタコが木材を抱いて上がってきました。。。

「どういうこと?」

「なんで木材が海底に沈んでいるんだ??」

とか考えているうちに針からタコが外れ、木材と共に海底にお帰りになられました。(/_;)

その直後、そこそこのサイズが掛かりますが、海面で外れてしまいます。

船長も「昨日も潮が澄み過ぎてあまり釣れなかった。」と言っていたので、おにぎり食べながらのんびり構えることにします。

おにぎり効果か、作戦を変更したためか、この後ようやく1キロサイズのタコが掛かり船長に無事取り込んでもらいました。

↓ようやくナイスサイズのタコゲット!

ちょっと落ち着き、天気まで回復してきて気分上々になります。

↓ この時点の僕の網の中 小さいタコばかりです・・・

船長が「エギのカラーを色々変えてみて!」とアナウンスされたので、オレンジやピンクを使っていたのですがグリーンに変えてみます。
異常なし・・・

ならば!と、今度はホワイトグローカラーのエギに交換します。

これが当たったようで、ここから大きなタコさんが僕に連発します!
↓ 画像の一番上に乗っかっている白いエギとイエローの組み合わせがグットでした!

エギタコ釣りはこのエギを海底まで沈めて、チョコチョコ海底を叩き、タコにアピールして抱き着いてもらいます。

僕が良くやる誘いは、最初10回から20回、強めに叩いてアピールし、そのあとはコツコツ小さく動かしてタコさんに抱き着いてもらうやり方。 当日はこのコツコツをより小さくしたコツコツに変えてからたくさん掛かるようになりました。 
たまたまでしょうけど・・・

キャストして沈め、叩いてコツコツ、聞き合わせの繰り返しで誘っていると、タコが抱き着いた感触が。
リールを巻きながら竿を下げ、大きく竿を煽って合わせると「ズシッ!!」と良い感触が。

↓ なかなか良いサイズのマダコさんゲット 船長に掬っていただき写真も撮ってもらいました。


お昼近くなり、晴れ間も見え始め上着を脱いでラストスパートです。

流し変えてすぐにまたずっしりとした手ごたえが、、、

↓ これまた良いサイズ 

周りでも大きなサイズが釣れ始め、「一発でっかいタコさん来ないかな~」とか考えていると、今までとは全く違う重量感のタコが乗ってきました。

最初、あまりに重かったので、「マズイ、地球釣っちゃった!」
と思ったのですが、なんか変。
リールをグリグリ巻くと、東京湾がべりッと剥がれたような感触があり、徐々に上がって来るではないですか!

途中「お願いだからバレルなよ~、」と念じながら船長の構えるタモに無事収まったのは、自己記録の立派なタコ!🐙

↓ 嬉しい一杯

そのあとは小さいタコがポツポツ釣れ14:30終了。大満足のタコ釣りとなりました。

頭の中は、美味しいタコ料理がグルグルしています。

当日は、カルパッチョとタコの冷製パスタで頂きましたよ。(^-^)


「西の明石か、東の富津」と呼ばれるブランドダコをしばらく堪能できそうで、色々なタコ料理を考えただけでニヤケてしまう僕なのです。

去年今年と東京湾ではタコの「当たり年!」なので、大勢のタコ釣り師が海に繰り出しています。
僕もタコ釣りは昨年から始めましたが割と気軽に出来る釣りなので、生きた元気の良いタコを掴める人は(強力な吸盤で手に張り付いたり、硬い口で噛んできたりします・・・)海に繰り出してみると良いかもしれません。

今回もご覧になって頂き、ありがとうございました。

未分類

「シーズン初タコ釣り」

皆さんこんにちは。

お休みの昨日は今シーズン初のタコ🐙釣りに行ってきましたよ。

タコ釣りはちょうど一年前から始めたのですが、その楽しさと食味の良さに圧倒され、気が付くと頭の中はタコだらけ・・・

東京湾のタコ釣りは6月から解禁なのですが、もう居ても立ってもいられずに当日は目覚ましが鳴る前に目覚め、4:45自宅を出発です。

5:20 お世話になるつり幸さんに到着をして受付をすると、、、なんともう22番目!
開幕早々タコ釣り大人気です。

↓ お世話になったつり幸さんの船。

今年も開幕してから好調なので「たくさん釣り人が来るだろうな~」と思っていたのですが、ここまでとは。。。

平日でこの賑わいだと、土日はあらかじめ早めに予約をしておかないと乗れませんね。

6:50 つり幸さんのタコ船は二艘でそれぞれ20人以上の釣り人を乗せ出船です。

↓ タコ釣りに使う道具(エギ)

こんなエビに似たような「エギ」と呼ばれるもので海底を「コツコツ」小突きながら釣っていきます。

当日はお昼前から南西の強風が吹く予想だったので、船は一気に1時間ほど走り、市原へ。

船長の合図とともにオレンジのエギを投げ入れ、海底をコツコツと叩き始めます。

と、どうでしょう! 一投目から僕の竿にタコが乗ったようで、海底をコツコツしていた感触が、「グニグニ」した感覚に変わってきました。

「まさか!一投目で来ちゃった!🐙と思いながら、竿を上げて合わせるとタコの感覚!

水面まで浮いてきたところで一気に船まで抜きあげると、タコなのに真っ白・・・

「ヤバい!!」と思ったとたんに大量の墨を船内に「ブシュ―!」と噴射。
ヤッチャッタ・・・船汚しちゃった・・・

「船長に水出すから全部流しておいて~」と言われ、大量の墨を流していたら、中乗りの方が「やりますよ~」とキレイに流してくれました。

↓ いきなり釣れたシリヤケイカ・・・キミじゃない・・・
こいつはスミの量がハンパないのですよ・・・

動揺を隠せないまま釣り再開。
と、どうでしょう。なんかまたナニモノカが僕のエギに抱き着いた模様です。

先ほどのシリヤケのことがあり、中途半端に合わせを入れて恐る恐る上げてくると今度は良い型のタコ!

「デカイ!タモ入れ頼もうか?どうしよう?」と思っていたら、針からタコが外れてしまい海底にサヨナラ~。。。

一部始終を船長に見られていて、「合わせが弱すぎるよ!」と言われてしまいました・・・(>_<)

ここから上手く行かず、3連続でバラシます。ヘタクソです。

釣りは慌てたり焦ったりすると良い結果にならないので、おにぎり食べて気分転換。

4回目のアタリでようやく今シーズン初のタコと出会えました。(^-^)


根掛かりが少ないポイントだったので、キャストして小突きながら聞き合わせを入れる作戦が当たり?ポツポツ美味しい東京湾のタコを追加していきます。

天気も良く、気持ちもよく、海の上は最高でした。
予報通り南からの風が吹き始め、徐々に釣りずらくなってきましたが、途中隣の方が蛍光カラーのエギを使い連発していたので、マネをしてみると当日一番の良いサイズのタコが釣れました。(^^♪
↓ 風が出始め、湾奥ですが海面がざわついています。
と、ここで船長からアナウンス。「風が出てきちゃったのでこれ以上は帰れなくなるので、後5分で撤収します~」と。

天候には逆らえません。お昼に釣り終了です。行きは60分でしたが、帰りは向かい風になり100分掛かりました。。。
まぁ、僕はクーラーの効いた船室で爆睡していたので一瞬の出来事でしたが。。。

↓ 当日のタコ
タコさん10杯、イカさん1杯です。潮下、潮裏ばかりだったので上出来です。

↓ 当日食べる分だけ下処理し、ボイルします。
タコはホントに美味しいのですが、僕が思うに、独特の旨みの他に噛んだ時の食感と言うか、「硬くもなく、柔らかくもなく、人類にとって一番幸せで絶妙な硬さ、柔らかさ」なので皆さん、虜になるのでは?と思っています。。。

↓ イカとタコのバター醤油炒め
↓ お刺身~
↓ から揚げ 大好き!

まだまだ冷凍室にタコさんが鎮座しているので、蛸飯やらタコのフリッターやらタコ焼き!で楽しめそうです。

今年も東京湾のタコは好調なようので、皆さんも東京湾の絶品タコを食べたくなったら確保しに行かれると良いと思います。(^^♪

次回の釣りは来月、釣りチームの仲間と「タコとタチウオのリレー船」の予定です。

↓ 翌日のお弁当はタコ飯~。夕飯はタコのパスタでした。(*^_^*)

ご覧になって頂き、ありがとうございました。

釣り・海

「待てば海路の日和あり」

皆さん、こんにちは。

先日のお休みはひっさしぶりに釣りに行ってきましたよ。

前回行ったのは2/9なので、実に4か月ぶり・・・
こんなに長期間、船に乗らなかったのはいつ以来でしょうか? 20年ぶりぐらい??

船宿さんはGW明けから営業されていたところが多かったのですが、個人的に釣りは「緊急事態宣言が解除されてから」と考えていたので、このタイミングになりました。

船宿さんも三密にならないように、「船室の利用は控える、釣り座の間隔を空ける、マスク等の着用」など、しっかりコロナ対策をしているところが多いですね。

↓ 5:30 到着  船長に「お久しぶり~」の挨拶をして準備します
もうですね、船に乗っているだけでワクワクが止まりません! 高揚し過ぎないように氷結を飲みますが、返ってテンション上がってしまいました・・・

船は一路、久里浜沖を目指します。当日は久里浜→観音崎周辺 で終始釣りをしていました。

7:45 ポイントに到着。前日は朝一番が好調だったようなのですぐに釣れるかな~と思っていましたが、、、
釣れません・・・

周りの方はポツポツ釣れていますが、何が悪いのか当たりません。
焦ります・・・

ジグをタチウオ釣りの時には一番信用しているフォルテンのピンクに替えてみてます。皆に遅れる事15分、やっと釣れたのはやっとこ釣れたのは指3本くらいの夏タチウオ。

骨せんべい様にキープ。

水深75mで反応は60~50mと言う指示が多かったです。魚はたくさんいるようですが活性が低め。

流し替えて、一投目。「中には活性の高い魚もいるだろう!」と、速め、強めのシャクリにしてみると55mのところで

「ドンッ!!!!」

メーターオーバーのナイスサイズが上がります。
続いて、次の一投でも同じパターンで

「ドスン!!!」

これまた良いサイズの手ごたえ! グイグイ引くので楽しすぎます。(^^♪

↓ このサイズが釣れると嬉しい

魚の移動が速いようで、船長も頻繁に船を入れかえてくれます。

入れ替えて、一投目。 指示棚までジグを落とし、15ⅿシャクッて切り返しのフォールで「ガガガッン!」と強烈なアタリ!

「これは、デカいな! 慎重に行こう!」と、ジワジワ上げてくると、ナイスなタチウオが海面に浮いてきました。

↓ エイヤッ!と抜き上げたのは当日最大の111cm

この後メータークラスをもう一本! ここまでは調子が良かったのですが、中盤はサイズダウン。。。

指2本サイズも釣れてきてしまい、ダメージの少ない魚はリリースします。

後半は迷走状態。釣れている人もいますが、色々試すも僕には当たりません。

まぁ、いいのです、船に乗っているだけでも幸せでしたから~。

↓ 大きいのだけキープ

↓ 帰ってからのお楽しみはコレ
フライ2種と炙り、タチウオサラダで頂きました~~。

当たり前ですが、ふわふわで「旨い!!」

久しぶりに新鮮なお魚を頂き、大満足です。

そうそう、捌いていたら(カミさんが)タチウオのお腹から、釣り針が出てきました!
釣られてラインを切って逃げて、またすぐ僕に釣られたようです・・・

食いしん坊なタチウオ。。。

凪で日和もよく、自粛が続き溜まっていたコロナストレスもオールクリア―になりました。(^^♪

どんだけ釣り好きなんでしょうか??(笑)

次回は今月解禁になり今年も好調に釣れている「タコ!」釣りに行く予定です。

ご覧になって頂き、ありがとうございました。

悠々整体院サイト

カテゴリー

院長 石原茂樹

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. こども

    「笑顔あふれる体育祭」
  2. 釣り・海

    「東京湾でタチウオ釣り」
  3. こども

    ナツト、ナツパパ大運動会 やったるで~!
  4. 仕事・健康

    センター北駅
  5. こども

    「タチウオの夏」
PAGE TOP